子供の入店禁止報道を見て親の立場として思った事

岡山県にある和風カフェが小学生以下の小さいお子さんの入店禁止を発表したことが話題となりました。そのお店では個室の障子が破られ、その謝罪がなかったことやそれを隠すように観葉植物を障子の前に置いていたということがきっかけで入店禁止に踏み切ったと言います。私自身も子供がいますが、子供って思いもよらない行動をしたり大人が思うほど集中力もなくじっと出来ず飽きてしまうので騒いだりするのです。なので、私も雰囲気でお店を選びますし小学生になった今でも初めて行くお店はドキドキします。
けれど、今回の騒動は障子を破ったのを隠した親が悪いと思います。もちろん破る行為をした子供たちも悪いですが、それをお店の人にはっきりと謝罪しなかったのがいけない事です。親がすることは子供にとってお手本なり、親がすることが当たり前ととらえます。親が非常識なことをすればそうしていいんだと子供は考えるはずです。改めて親の立場として子供の良い見本になるような行動をとらなければならないと思いました。ミュゼ 100円 予約 変更

なんだか最近京都でイノシシがよく出現しますね…

ついこないだも京都市にイノシシが出現し、怪我人まで出る騒ぎになりましたが、またしてもイノシシが出現して騒ぎになったようです。

今回は高校に現れ、更には校舎の3階まで登って来たりしたようです。

ちなみに中間テストの初日だったそうですが、テスト自体は問題なく出来たようでよかったですね。

今回現れたイノシシは何か興奮した状態だったようで、かなり危険だったと思います。

しかし教員が中心となって避難したために怪我人を出す事なく済んだそうですね。

ちなみにイノシシは2頭同時に出現したと言いますからかなり怖かったんじゃないかと思います。

この時期は体脂肪を蓄えるために餌を求める季節で、イノシシが増えすぎて山の餌が足りないか、餌自体が足りない為に餌を求めて人里まで来たのかもしれないとの事です。

クマが人里に現れるニュースもありますが、動物も生きる為に必死でしょうから軽はずみに近づかないようにしましょう。

ちなみにイノシシは猪突猛進なんて言葉がありますが、実際はちゃんと曲がれますし、更にオスの牙は人間の太ももの位置の大動脈に突き刺さり、時には人間の命を奪うほど危険だそうです。

見かけたら背中を見せず、刺激しないようにゆっくり後ずさりして逃げましょう。