少し前に知り合った夫人を旨みにつかうのは、どうだろうか

こういう精神の薄い勘は何時になったら抜け着けるのでしょうか。勤務がマンネリ化やるのが一番のファクターだと言えるかもしれません。なんとかして、この状況を抜けださねばなりません。今日お昼下がり間から、日雇い尖端で話し込み、後で、数日前にわかりあった、乙女とデートをする公約をしています。こういうデートが好印象で終わることができれば、精神はほんの少し戻るのかなと思ったりもしています。こういうアイデア自体が愛くるしいのかもしれませんが、今は、その状況を通過することにかけて見ることしかできないのかもしれません。まんねりを離脱できるかがマッチでしょう。ただ、
 こういうだらけを離脱するためにこういう少し前に知り合った乙女を出し汁につかうのは、どうだろうかとも思ったりする。
しかしながら、今はそういった悠長なことを言えるような場面ではありません。わらにもすがる心境だ。彼をわらに置き換えるのもどうだろう。彼を独自のママとして見たいところです。